スポンサーリンク

歯科医師国家試験に落ちた後の人生

歯科医師国家試験に落ちた後の人生について、紹介します。

自分が歯学部の学生で国家試験に受かりそうにない時によく調べましたが、あまり出てこなかったので、ここで紹介しようと思います。

自己紹介

1990年生まれ
2008年 大学受験失敗 浪人
2009年 国公立の歯学部歯学科へ入学(1浪)
2012年 3年生〜4年生の進級時に留年(1留)
2016年 3月 国公立の歯学部歯学科卒業
2016年 2月 国家試験不合格
2016年 4月 KDDIエボルバ入社(派遣社員) 年収196万円
2017年 2月 国家試験不合格
2017年 3月 KDDIエボルバ退社
2017年 4月 IT系マザーズ1部上場企業入社(正社員)年収216万円
2019年 11月 IT系マザーズ1部上場企業退社(正社員)
2019年 11月 IT系ベンチャー系企業入社(正社員)年収370万円
2021年 3月 IT系東証1部上場企業入社(正社員)年収474万円

歯学部での成績

常に成績は悪かったです。
学年の中でも下から3〜7番以内です。(最下位近辺だと留年してしまいます)
4年生に上がる際に、下から5人が留年と決まり、その5人にしっかり入ってしまいました。
5年生のCBTも63%くらいだったので再試験となり、なんとか合格しました。
卒業試験も運があまりにも良く、歴代でも1番簡単だったのではないかという卒業試験だったため卒業することができました。
後にも言いますが、卒業だけは必ずしておいた方がいいです。
他の職種を目指す際にも一生ついてまわります。
大卒だけで無難に書類選考を通る会社が数多くあります。

学歴について

「学歴なんて…」というのは、学歴がある人が言うか、学歴を凌駕する努力や才能の持ち主の言うセリフだと感じています。
また、一般社会に入って本当に実感するのが、世の中の95%以上の人が自分の学歴にコンプレックスを持っています。
マーチと呼ばれる大学に行った方も下手をすると早慶の方々も社会ではコンプレックスを持って生きています。
これは歯学部には存在しない文化なので驚きました。

国家試験の受験について

1年目=現役の時はそれなりに時間はやったと思います。
しかし、元々成績が最下位の自分は人よりも努力しなければならなかったのですが、周りの同級生と比較すると1番少ない勉強時間だった様に思います。
周りでは、土日に8〜12h勉強する方も多かったです。
自分は土日は2〜3時間、平日は10月頃から4時間くらい机に向かってYouTubeを見ていました。
2年目は社会人として業務をしながら勉強をしました。
過去問を死ぬほどやろうと思い、10年分の過去問を間違えなくなるまで3〜7周ほど解きました。
答えを覚えてしまうので、基礎の覚えなければいけない知識も足りず不合格でした。
模試の時点で到底受からないであろう点数だったので、1年目も2年目も落ちてすぐに就職先を探しました。
2年目の国家試験では、国家試験浪人をしている人達の部屋で受験し、お年寄りの方などを見たおかげで、「もう受験はやめよう」と思えました。

不合格のあとの選択肢

国家試験不合格のあとの選択肢は

・予備校
・宅浪
・他分野へ

と思いますが、自分は1年間宅浪後他分野へ行きました。理由は前述の通りです。
予備校に行けば受かるわけでもないのに高額ですし、

「絶対に受かる」みたいな強い気持ちを持って学習しないと受からないなと感じました。

親族や知り合いの目

最初のうちは、「もったいないねえ」とよく言われます。
しかし、数年すれば何も言われなくなります。
特に〇〇の仕事をしている。というものがあると尚更言われることはなくなるでしょう。

会社員としての生活

会社員になってみると、いかに自分の歯学部卒業の学歴が大きく意味を持つかがわかります。
毎日通勤時間と、勤務後に1~3時間の勉強と、土日にも5~10時間の勉強をしました。
勉強をしていると、公開されている勉強会や、勉強の記録を面接でアピールする方法などがわかってくるので、少しずつ年収の高い仕事が見えてきます。
歯科医師国家試験ではもっと勉強していましたし、合格か不合格しか結果は無いので自分に取っては歯科医師国家試験の学習の方が大変に感じました。
元々大学卒業の年齢が遅いことで、周りの人と比べて不利になるのは仕方がありません。
なんとかコミュニケーション能力と、会社依存にならない技術力を身につけて年収の高い会社に転職していくしかありません。

後悔の気持ち

社会人4年目になると、もう歯科医師とは関係のない人生を歩んでいて、結婚相手のご両親にも胸を張って言える程度の企業に入社できたので、後悔はほぼありません。

自分の場合は、父親が開業医で兄弟も違う業種に進んでしまったため、医院を継げなかった申し訳ない気持ちはありますが、後悔はないです。

不合格になった直後や、国家試験の勉強をしている時は「なんで学生時代に皆と一緒に頑張れなかったんだ!」と何度も悔やみました。
特に最後まで手を差し伸べてくれた友人には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

やっておいて良かったこと

歯学部の間や、歯学部を卒業した後にやっておいて良かったと感じることを記載します。

もし参考になれば幸いです。

歯学部の卒業

一般企業の会社員になると、面接で必ず聞かれます。
やはり学歴社会である日本では、最終学歴の歯学部に目を引かない企業様はありませんでした。
無駄に嘘はつかずに「国家試験で不合格だったため諦め、他の道を志しました」と伝えていました。
それが理由で企業が面接で落とすことはなく、むしろ好材料になっていたと感じます。

歯の勉強 保存、予防

一般生活で役に立ちます。
健康に関する情報は、一生役立ちます。
ほとんど忘れてきてはいますが。

ブログ

在学中からブログを書いていたので、文章力が役に立ちました。
社会人になってからメールや資料作成で役に立つこともあります。
また自分はIT系の業種に進んだため、html,cssのコードはもちろん、モバイルアプリの開発などにも役立ちました。

歯科医師以外の人との関わり(キャディのアルバイト)

在学中に歯科医師免許をもった人としか関わらないと、考えが偏りがちになります。
普通の人の生活だったり感覚を持つことは生きていく上で役に立つものと感じました。

コメント